ブログ|頭痛・肩こり・腰痛・神経痛、繰り返す痛みや長く続くしびれ専門の整体院

東仙台メディカル整体院のご予約はこちら

東仙台メディカル整体院のご予約はこちら

ブログ

このブログを検索

2019年4月5日金曜日

おじさんだからわかるボールを思いっきり投げると痛くなる肩の痛みは、角度によっては痛くなくなる、しかもボールの回転もいい感じに・・・


こんにちは東せんだいメディカル整体院千葉です。

院内を少し模様替えをしまして、投球動作はもちろん、バッティングの素振りもチェックできるように広いスペースを作りました。

自分のトレーニングもですが、もし様々なスポーツをやっていて自分の動作にイマイチしっくりきていない方に体の専門家としてのアドバイスもさせていただく為のスペースにもなります。

どんなスポーツでも人間の体の使い方は基本的に同じです。
種目によって細分化はされると思いますが、コーチや監督とはまた違った視点からチェックしてみるのもいいと思いますよ。新たな発見があるかもしれません。


投球動作もバッティングの体の使い方も、歩行もフォームが一番です。


どこを、どう動かして、どの瞬間、力を抜いて、どこで力を入れるのか?

これを常に意識して繰り返し、体を使うことが非常に大事です。


先日引退を発表したイチロー選手は、シーズン中は朝起きて着く足もいつも同じ方から、
そして球場に行くまで同じルーティンを毎日繰り返す。
と聞いたことがあります。いつも同じ動きをしているから、不調や違和感を常に早く感じることができる。イチロー選手が大きなケガもなく選手生活を過ごしてきた理由がここにあります。



さて、本日のテーマですが、シャドウピッチングではいい感じに腕がふれていると思っていても実際ボールを投げ込むとやはりボールの重さでイメージより肘の位置が下がってしまいます。
そうなるとおじさんは、当然肩に痛みが走ります。以前書いた記事(肩、肘を痛めないように投げるコツは腕をムチのように脱力させ遠心力を上手く利用しボールにエネルギーを伝えることが必用 )のようにどんなフォームでも肩関節はゼロポジションという一番負担なく肩を動かせるポジションに持ってこないと遅かれ早かれ肩の痛みは起こります。

特に我々40代になってくると軟部組織(骨以外の筋肉、靭帯、腱など)も柔軟性がなくなっているので本当に正しい軌道で動かさないとすぐ痛みにつながります。
逆に間違った使い方に気づきやすいです。

何球も投げていると肩に痛みが走る投げ方はボールにも力がないし、変なところにいきます。逆に痛みの出ない時は遅いなりにボールに力が乗るような感覚があり、いいところに投げ込むことができます。(現在MAX85kmですけどwwww)

自分が見えていない自分の動きをどれだけイメージしたものとリンクさせることができるのか、毎回きちんとイメージ通りの動作ができていれば痛みはでないはずなんです。

このプロジェクトをやっていて、
もしかしたら肩を痛めて野球をあきらめてしまった人でも
まだ復帰できるように力になれるのではないかと日々実感しております。

まずは自分が100kmの壁を超えることが先決ですけど・・・・


ということで今日も地味に何度も何度も足先から指先まで正しいと思われる動作を
繰り返します!!!!球速140kmを目指して♪♪


院内練習場投げ込み風景



こちらの記事もどうぞ
   ↓


台市東仙台駅徒歩7分
仙台市宮城野区新田2丁目16-2

詳しくはこちら
   ↓
繰り返す痛み、長く続くしびれ専門
【受付時間】
月~金 AM 9:00~12:00
    PM 2:30~ 8:00
 土  AM 9:00~12:00 
    PM 2:30~ 6:00
  
                     休診日 日曜、祝日


【ご予約・お問い合わせ】
     0120-98-9482

0 件のコメント:

コメントを投稿